17 パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

目標の主な内容

  • 持続可能な開発のための政策の一貫性を強化する。
  • さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的・官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。
  • 持続可能な開発の進捗状況を測るGDP(国民総生産)以外の尺度を開発する取り組みを更に進め、開発途上国にあける統計に関する能力構築を支援する。
  • 先進国は開発途上国に対する世界のODA(政府開発援助)をGNI(国民総所得)比0.7%に後発開発途上国に対するODAをGNI比0.15-0.20%にするという目標を含むODAに関するコミットメントを完全に実施する。

目標の背景

  • ODAの総額は、ミレニアム開発目標(MDGs:貧困をなくすための2000年—2015年の目標)の始まった2000年から2014年の間に、実質ベースで 66%増加し、過去最高の1,352億ドルまで伸びました。
  • 2000年には世界人口は6%強にすぎなかったインターネットの普及率は、2015年に43%へと上昇しました。
  • 国連の発表した「世界幸福度報告書(2016年度版)」には、最も幸せな国にデンマーク、スイス、アイルランド、ノルウェーなどの欧州諸国がランクされ、日本は53位でした。

コープかごしまの具体的な取り組み

自治体との地域見守り活動の協力協定

 

生協コープかごしまでは、地域で支援を必要とする方々(高齢者、子ども、障がいを持つ方など)を見守り、支えていくために、鹿児島県内のいくつかの自治体*や社会福祉協議会と協力協定を結んでいます。

*日置市、薩摩川内市、指宿市、志布志市、曽於市社会福祉協議会、垂水市、霧島市、さつま町、枕崎市、鹿屋市、出水市、奄美市

 

災害時の物資供給協力の協定

生協コープかごしまは、災害時の食糧などの物資の供給に関する協定を8行政*と締結しています。2020年度は新たに曽於市と締結しました。

*鹿児島市、霧島市、志布志市、日置市、薩摩川内市、南九州市、姶良市、曽於市と締結しています。

包括的業務協力協定

南さつま市と地産地消の推進、地域の安全・安心の確保、高齢者・障がい者支援、健康・食育、子育て、環境、エネルギー、防災・災害対策、情報発信、観光振興、地域活性化等11項目についての包括的な協力協定を締結しています。

 

 

生協コープかごしまは、持続可能な社会の実現を目指します。

生協コープかごしまは、「よりよき生活(くらし)と平和のために」「ひとりがみんなのために みんながひとりのために」「安心して暮らし続けられる地域社会づくりのために」をスローガンとする、協同と助け合いの組織です。 世界の課題を解決し、よりよい未来を迎えるために、国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)の「誰も取り残さない」という基本精神は、私たちの理念と大きく重なるものでした。そこで、生協コープかごしまは、組合員活動と事業を通して、SDGsの目標である「持続可能な社会の実現」に取り組んでいくことを表明します。