07 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

目標の主な内容

  • 安価で信頼できる現代的エネルギーサービスの普遍的アクセスを確保する。
  • 世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
  • 世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
  • クリーンエネルギーの研究や技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。

目標の背景

  • 世界人口の5人に1人にあたる13億人が、まだ近代的な電力を利用できていません。
  • 30億人が薪ストーブ、石炭または動物の排せつ物を調理や暖房に用いています。
  • エネルギーは気候変動を助長する最大の要素であり、全世界の温室効果ガス排出量の約60%を占めています。
  • 風力や水力、太陽光、バイオマス、地熱など、再生可能な資源から得られるエネルギーは無尽蔵で、再生可能です。これらのエネルギーは、現在全世界のエネルギー供給の15%を占めています。

コープかごしまの具体的な取り組み

温暖化防止自主行動計画と省エネ対策

省エネ効果の高いリーチインショーケース(扉を設けた冷凍冷蔵ケース)やLED照明への切り替えなどを積極的に進めています。2020年10月に、姶良市の物流センター隣に設置した、生協コープかごしまの「姶良太陽光発電施設」が稼働しました。生協としても「再生可能エネルギー」への転換を進めています。

 

生協コープかごしまは、持続可能な社会の実現を目指します。

生協コープかごしまは、「よりよき生活(くらし)と平和のために」「ひとりがみんなのために みんながひとりのために」「安心して暮らし続けられる地域社会づくりのために」をスローガンとする、協同と助け合いの組織です。 世界の課題を解決し、よりよい未来を迎えるために、国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)の「誰も取り残さない」という基本精神は、私たちの理念と大きく重なるものでした。そこで、生協コープかごしまは、組合員活動と事業を通して、SDGsの目標である「持続可能な社会の実現」に取り組んでいくことを表明します。