16 平和と公正をすべての人に

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明貢任のある包摂的な制度を構築する

目標の主な内容

  • あらゆる場所で、すべての形態の暴力や暴力による死亡率を大幅に減少させる。
  • 子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力や拷問を撲滅する。
  • すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
  • 違法な資金や武器の取引を大幅に減少させ、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
  • あらゆるレベルで、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
  • あらゆるレベルで、対応的、包摂的、参加型、代表的な意思決定を確保する。
  • 国内法規や国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
  • 持続可能な開発のための非差別的な法規や政策を推進し、実施する。

目標の背景

  • 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の庇護対象となる難民の数は、2014年半ばの時点で1,300万人と、前年よりもさらに増えています。
  • 腐敗や贈収賄、窃盗、租税回避によっで開発途上国に年間1兆2,600億米ドルの損害が生じています。
  • 紛争国では2011年小学校の退学率が50%に達し、2,850万人の子どもが学校に通えなくなりました。
  • 国境なき記者団は毎年「世界報道自由度ランキング」を発表しています。2015年、日本は過去最低の61位でした。

コープかごしまの具体的な取り組み

6.17平和のつどい

1945年(昭和20年)6月17日、鹿児島市で大空襲があり、多くの人が命を落としました。この悲惨な体験・記憶を風化させないために、生協コープかごしまは、毎年6月17日に「平和のつどい」を行い、空襲体験の語り継ぎを続けてきました。2021年はオンラインでの開催とし、鹿児島市の空襲体験談として、中 精一(なか せいいち)様、「SDGs平和と公正をすべての人に」をテーマに、ユニセフ協会から、立石 尚之(たていし なおゆき)様からご講演いただきました。

平和学習会

過去開催の「6・17平和のつどい」DVD、平和紙芝居、平和図書の貸し出しの案内をしました。霧島市の牧園中学校から6・17平和のつどいDVDの貸し出し希望がありました。牧園中学校では2年生を中心に毎年8月1日出校日に平和について考える企画を行っているそうです。今年は鹿児島市大空襲の体験談DVDを視聴しました。「鹿児島市でこのような大空襲があったことを初めて知った」「戦争の怖さを知った。平和の大切さがよくわかった」などの感想がよせられました。

憲法学習会

年間を通して憲法学習会を県下各地で行っています。日本国憲法の基本的な内容やその重要性、憲法問題について学ぶ「憲法学習会」を県下各地で行っています。講師として大学の先生や弁護士などの協力をいただきながら進めています。

 

生協コープかごしまは、持続可能な社会の実現を目指します。

生協コープかごしまは、「よりよき生活(くらし)と平和のために」「ひとりがみんなのために みんながひとりのために」「安心して暮らし続けられる地域社会づくりのために」をスローガンとする、協同と助け合いの組織です。 世界の課題を解決し、よりよい未来を迎えるために、国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)の「誰も取り残さない」という基本精神は、私たちの理念と大きく重なるものでした。そこで、生協コープかごしまは、組合員活動と事業を通して、SDGsの目標である「持続可能な社会の実現」に取り組んでいくことを表明します。