NPO法人若草会と里山保全活動の調印・保全活動を行いました

2023年11月11日(土)に、NPO法人若草会が所有する日置市伊集院清藤の里山において「里山活動」を実施しました。当日は15名の参加者が集まり、活動の前には両者で「共同宣言」を読み上げ、スタートしました。

 

 

参加者は若草会の組織や事業などの説明を聞いた後、3組に分かれ、「薪割り」「カエデの植樹」「シイタケの栽培方法の学習」をそれぞれ順番に体験しました。活動の最後には感想や質問などの交流を行い、自宅で育ててみたいという希望者には、シイタケの原木を配布しました。

 

 

また、今後の「里山活動」に関わる活動支援金として、店舗でのレジ袋購入代から30万円と、環境募金から5万円の合わせて35万円の目録を贈呈しました。

 

参加者の感想 ~一部抜粋~

 ・とても 楽しく有意義な時間を過ごすことができました。薪割は初体験でした力不足…難しいですね。でも割れた時は気持ちが良かったです。モミジを植えましたが、元気に大きく育ってほしいです。美しい紅葉を愛でる日を楽しみにしています。

 ・まだまだ手付かずの自然がいっぱいのこの場所が自然を残しつつ保全しながら、子どもたちがいろんなことを体験できる場ができたらよいなと思います。