コープのお店

毎月1日・15日は「くらし応援 コープの日」

家計の応援をする5%引き

140616tuitachi-kun.png生協コープかごしまのお店では、毎月1日・15日に「くらし応援 コープの日」として全品5%引きを実施しています(商品券やチケット・販売価格が決められているものなどの一部商品・テナントの一部を除きます)。

毎日の家計のやりくりは大変です。

生協コープかごしまの家計簿調べでも、消費支出を切り詰めている実態は明らかです。

消費税をはじめ税金や介護保険料などの社会保障費の負担は大きくなっている一方で、その使われ方の問題などにも目を向けなくてはなりません。

単なる「5%引きセール」ではなく、この日にコープでお買物をすることで、家計から社会を考える日・だから「くらし応援 コープの日」です。

生協コープかごしまは2014年3月まで「消費税反対の日」に取り組んできました。

生協コープかごしまでは、消費税導入以前から、この税制の問題(逆進性=所得は高いほど負担割合が少なく、普通の人ほど所得に占める割合が大きいこと)や、収入のない赤ん坊や、生活に困窮している方々、また高齢者の生活全般にも税負担を強いる問題の大きな税制だということを組合員みんなで学習し、反対の意思を込めて毎月1日にコープのお店で「消費税反対の日」と呼んで取り組みをすすめてきました。また、この反対の意思は現在も継続して運動として取り組んでいます。

2014年4月からは「くらし応援 コープの日」で5%引きを取り組んでいます(一部商品を除きます)。

 

「コープのお店」に戻る