コープのお店

買い物袋持ち寄り運動にご参加ください

生協コープかごしまでは「買い物袋持ち寄り運動」に取り組んでいます。
コープのお店へご来店の時は、マイバッグ・マイバスケットなどの買い物袋をご持参ください。

持ち寄ることでSDGs始めましょう。

 

190605エコネコ.png

コープのお店でお買い物の時は、備え付けの店内カゴをご利用いただきます。
レジ精算後にマイバッグ・マイバスケットにお移しください。
ゴミを減らし、資源を有効活用するために
    そしてそのことがSDGsにつながる
私たち誰でもができる取り組みです。
 

生協コープかごしまでは2020年6月5日(世界環境デー)から、
レジ袋の無償提供をやめました。
レジ袋が必要な方へは
有料でご提供いたします。
これまで以上に
マイバッグ・マイバスケットを持ち寄る
「買い物袋持ち寄り運動」への
参加を呼びかけます。

SDGsな暮らしを私たちが目指しましょう

※SDGs(持続可能な開発目標=国連が掲げる、より良い世界を目指す世界の共通目標)

※レジ袋の有料化に伴って、これまで買い物袋をご持参された方につけていた「マイバッグポイント」は、新たにスタートする「食品ロスを減らす」ための「ろすのんポイント」に引き継ぎます。

≪レジ袋有料化にあたってよくあるご質問≫

bottan05.png

持ち寄りの買い物袋は定期的に洗うなど、衛生的に使いましょう
(以下 農林水産省のホームページから)

賢く楽しくお買い物!~エコバッグでも食中毒予防~

エコバッグは、コンパクトにたためてお買い物で役に立つエコなアイテムです。
目につく汚れやニオイがなくても、知らぬ間に肉や魚の汁、野菜の土が、エコバッグに付着することがあります。
そのままにして使い続けると、食中毒菌が増殖してしまい、新たに購入した食品に菌が付着してしまいます。 エコバッグを清潔に使うための日頃から気を付けたいポイントを紹介します。
 
  • エコバッグは定期的に洗いましょう。
  • 肉、魚、野菜はポリ袋に入れましょう。
  • 肉、魚、冷蔵・冷凍食品などの冷たい物は、まとめて入れて、温かいものと、密着しないように入れましょう。
  • 食品と日用品を入れるエコバッグを区別しましょう。
  • 食品を入れたエコバッグの持ち運びは、短時間にしましょう。
 
これらに注意して、賢く楽しくお買い物をしましょう。詳細は、こちらをご覧ください。(PDF : 425KB)

ecobag-1.jpg

ecobag-2.jpg

「コープのお店」に戻る