7月第一土曜日は国際協同組合デーです

国際協同組合デーは、協同組合への認知を高め、協同組合運動の理念を広めることを目的に、ICA (国際協同組合同盟) の呼びかけのもと世界の協同組合が毎年取り組んでいるものです。毎年7月第1土曜日と定められており、第101回となる今年は、2023年7月1日(土)となっています。

1995年からは国連の国際デー(今年は第29回)の一つにもなっています。

 

 

 

 

 

ICAは、2023年国際協同組合デーのスローガンを「協同組合は持続可能な社会づくりに貢献します」(Cooperatives for sustainable development)と発表しています。

ICAからのメッセージはコチラ

 

生協コープかごしまでは、「持続可能な社会づくり」の取り組みの一つとして店舗や事業所における「太陽光発電」や、個配・共同購入で使用する配達トラックのバイオディーゼル燃料の実証実験、ペットボトル回収機 (ボトルスカッシュ) の設置などを行っています。今後もその取り組みを広げていきます。

 

 

太陽光発電の取り組みについてはコチラ

 

バイオディーゼル燃料の実証実験についてはコチラ

 

 

 

ペットボトル回収機 (ボトルスカッシュ) の設置についてはコチラ