認知症について学び、みんなで支えましょう

くらし・たけんこグループは、7月12日(火)に、コープ玉竜店組合員集合室で、「認知症について学び、みんなで支えましょう」というテーマで学習会を開催し、12人が参加しました。

 

講師は鹿児島大学保健学科の池田由里子先生でした。

「認知症とは?」という先生の質問から始まり、「よくわからないけどボケですか」の回答に対し、認知症について詳しい説明がありました。

 

認知症とは

①アルツハイマー病、レビー小体型認知症、脳血管障害などの病気により記憶力・注意力・判断力などの認知機能が低下した状態

②正常の老化に比べ、体験そのものを忘れるのが認知症

③特徴は進行性であること

④初期症状は、もの忘れや判断力の低下、実行機能(物事を理解して計画的に実行すること)の障害

①〜④の説明をお聞きして認知症について理解できました。