新着情報

利用されていなかった地元のさごしを使ったフライサンドを案内します~コープかせだ店

コープかせだ店のベーカリー「小麦畑」で、12月26日から「さごしフライサンド」を案内します。

171226さごしフライサンド.jpg原料になる「さごし」は南さつま市片浦の沖合の定置網にかかる魚フライを使います。これは網に入るものの鮮度の劣化が早い魚として処分されていたさごしを加工して利用しようとする南さつま市の取り組みのひとつで、小麦畑での案内もその取り組みをいっしょにすすめるものです。

案内する「さごしフライサンド」は南さつま産の長命草を練りこんだパンに、片浦産のさごしをコープ直営のフィッシュセンターでフライ用に加工し、コープかせだ店の惣菜コーナーでフライにし、キャベツ・タルタルソース・お好みソースで味付けしています。

コープかせだ店の小麦畑では秋の時期には同様のテーマとして「しいらバーガー」も案内しました。

※さごしフライサンドは入荷量との関係で、数量限定で、午後からの案内になります。旬の時期の3月頃までのご案内予定です。

 

 

「新着情報」に戻る