新着情報

雨の中「原子力発電は止めよう」の気持ちのみんながいっしょに集い、アピールしました。

190310さよなら原発05.jpg

時折激しく降る雨の中、3月10日(日)に鹿児島中央駅前の東口ひろばに約800人があつまり「原子力発電所はいらない」「STOP 川内原発」をアピールしました。

「ストップ川内原発 3.11鹿児島実行委員会」が開催した「さよなら原発集会」には、生協コープかごしまも参加しています。

190310さよなら原発02.JPG

当日は生協コープかごしまからも組合員や職員があつまり、集会では福島原発の事故後の現状報告や取り組みの報告を聞き、また川内原発の稼働期間の延長に反対するコールを行うなどで、自分たちの意思を示しました。

集会では、「時代は自然エネルギー」が求められる時であり、エネルギーの多消費生活を見直し、住民参加で持続可能な再生エネルギーへの転換を求めるなどの集会アピールを採択しました。

なお、当日は繁華街へのパレードも計画していましたが、雨による事故などを考慮し中止となりました。

 

 

 

 
 

  

 

「新着情報」に戻る