新着情報

志布志福祉グループで「映画 徘徊を観る会」を作り広めます。

認知症の母親と娘のドキュメンタリー映画「徘徊 On The Road ママリン87歳の夏」が11月に志布志市民会館で上映されます。
生協コープかごしまでは上映を後援し、地元の志布志地域の福祉グループ組合員のみなさんが参加し「映画『徘徊』を観る会」を作り、上映の成功にむけて取り組みを広げています。

上映は志布志認知症を支える会が主催して開催するもので、映画は大阪を舞台に徘徊する認知症の母親と娘、そしてそれを取り巻く地域を描きます。
「昼夜の別なく徘徊する母と見守る娘の姿は、近所の誰もが知っている。徘徊モードが一息つけば、母娘一緒に居酒屋やバーにも寄る。そんな二人の生活は6年になる。『老いには勝てぬで、徘徊もショートになってきましたが…』不条理な生活をユーモアでしのぐ。認知症を受け入れるとは…、老いとは…、人間等は…。」(映画:徘徊パンフレットより)
映画「徘徊」のチケットはコープしぶし店でも取り扱います。

170811eiga-haikai01.png170811eiga-haikai02.png
映画「徘徊」

上映会場:
 志布志市文化会館
上映日時:
 11月11日(土)
  1)15時~
  2)18時30分~
料金:
 大人1,000円(当日1,200円)
 子ども500円(当日600円)
 未就学時無料

 

 

「新着情報」に戻る