新着情報

≪参加者募集≫春の親子企画・干潟の生き物観察会を開催します。(3月17日・重富海岸)

くすの木自然館との環境活動~海辺の生き物を見つけよう
 
<日  時>
2018年3月17日(土) 13時~15時
<場  所>(現地集合)
「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」前の干潟
姶良市平松7675
*駐車場あり・小雨決行(雷が鳴ったら中止)
<参加費>
無料 
<募集人数>
20人(※定員になり次第締め切り)
<用意するもの> 
飲み物、帽子、スポーツサンダルか長靴(ビーチサンダルは不可)、軍手、ゴミ袋、必要な方は着替え
 

151205くすのき体験08.JPGのサムネイル画像

重富海岸は、全国に34か所ある国立公園のひとつ、霧島錦江湾国立公園の中にあり、日本湿地100選にも選ばれている干潟です。干潮時には錦江湾で最も広い約53ヘクタールの干潟が広がります。
専門のガイドがついている干潟はめずらしく「干潟って何?」「これはどんな種類の生き物?」くすの木自然館の方にそんなお話が聞けます。
前回の参加者からは「地元にこんなにきれいなところがあるなんて知らなかった」「生き物がたくさんいて楽しかった」などの感想が寄せられています。
春の1日、親子で干潟を訪ねてみませんか?あわせて海岸の清掃活動も行います。
※写真は2015年11月の交流の様子です。

「新着情報」に戻る