新着情報

新春の天文館と鹿児島中央駅前でヒバクシャ国際署名を呼びかけました

1月6日(日)に「ヒバクシャ国際署名をすすめる鹿児島県民の会」が主催する新春署名宣伝行動に、生協コープかごしまも賛同団体として組合員と職員、また職員で作るコープかごしま労働組合からも参加しました。
190106ヒバクシャ署名01.jpg他の賛同団体も含めて約60人が、鹿児島中央駅と天文館の2か所で署名を呼び掛け、約1時間で340筆の署名が集まりました。
署名の呼びかけとあわせて「原爆パネル」の展示や街頭アナウンスなども行い、私たち生協コープかごしまでは独自にアンケートパネルで、通行者へシールで「世界に核兵器は、必要ない・必要・わからない」の投票をしてもらいました。
190106ヒバクシャ署名02.jpgシール投票には多くの方が興味を示され「必要ない・57」「必要・1」「わからない・1」の意思表示でした。

190106ヒバクシャ署名03.jpg当日参加した組合員からは「学生や子ども連れの若い夫婦の方など、お声かけする中で思っていた以上に署名に協力してくださいました。嬉しいでした」「何の取り組みをしているの?と聞かれる場面もあり、もっと分かりやすい宣伝方法と、簡潔に説明できる話術も必要だと感じました」「多くの方に核兵器廃絶について関心を持ってもらうために、このような街頭活動は大切だと思います」など感想が出されました。

私たち生協コープかごしまは、この「ヒバクシャ国際署名をすすめる鹿児島県民の会」に参加しながら、日本政府の「核兵器禁止条約」への賛同・批准につなげ、世界から核兵器が廃絶されることを目指して、今後も組合員といっしょにヒバクシャ国際署名に取り組みます。

「新着情報」に戻る