新着情報

県内22会場で意見を寄せ合い話し合う地域別の総代会議を開催しています。

210216地域別総代会議211-010.JPG

生協コープかごしまの545人(定員)の総代のみなさんが、今年6月に予定している通常総代会に向けて話し合う「第2回地域別総代会議」が始まっています。
2月16日(水)にはコープ指宿店で総代会議を開催しました。
会場には総代12人が出席。理事会からの2020年度の事業状況や組合員の取り組みなどのまとめ、また2021年度に向けた考え方や方向などが報告されました。それを受けて総代のみなさんが意見や質問を出し合い、交流・話し合いました。

210216地域別総代会議211-030.JPG

総代のみなさんからは、提案に対しての意見や質問などが出され「原料原産地表示の法改正に伴う変更については加工品の原料についても表示してほしい」「南さつま市での食事・買い物送迎の協力について教えてほしい」「トラック燃料としての廃油利用について」「高齢になるとカタログが見にくいが、そこへの配慮があるか」などの問題についても意見が出され、生協のことだけでなく、自分たちの暮らす地域の話題までさまざまな意見質問が寄せられました。
210216地域別総代会議211-020.JPG
「地域別総代会議」は全県22会場で開催し、総代のみなさんから寄せられた意見や質問などを受けて、5月に予定している第3回の地域別総代会議に議案をまとめ、6月の通常総代会で2021年度の予算や活動計画などを決定していきます。

「新着情報」に戻る