新着情報

今年も美味しい「つらさげ芋」の生産者と体験・交流ができました。

大隅スタンプラリーでは11月2日(月)に、垂水市大野地区で「つらさげ芋交流会」を開催し12人が参加しました。

201102つらさげいも02.jpg

当日は雨のために、芋堀り体験は中止し、事前に収穫してあった芋のつらさげ体験と学習会を実施しました。
つらさげ体験では、作業小屋の扉や窓を開けて喚起をよくし、またできるだけお互の間隔をとって、生産者の指導で、数本ずつの芋を片方のツルの部分で縛り、それを熟成が進むように専用のラックに吊り下げていきます。

201102つらさげいも01.jpg

参加者からは「つらさげ芋は本当においしいので、もっと広げていきたい」「交流会等を通してもっとみなさんに知ってもらえるように活動していきたいです」と話がありました。
生産者で大野地区でつらさげ芋を生産している振興会の前田さんからは「毎年12月に開催する・うのばいきいき祭りでも販売しているのでぜひ、みなさんには食べてもらいたい。生協コープかごしまでのお店でも、毎年、り扱っていただいているため、ぜひ今年も多くの方におすすめをしていきたいです」と話していました。
このつらさげ芋は12月からコープのお店でも取り扱いが始まる予定です。

「新着情報」に戻る