新着情報

県内21会場で意見を寄せ合い話し合う地域別の総代会議を開催しています。

200212伊佐総代会議01.jpg生協コープかごしまの約550人の総代のみなさんが、今年6月に予定している通常総代会に向けて話し合う「第2回地域別総代会議」が始まっています。
2月12日(水)には伊佐市で総代会議を開催しました。
200212伊佐総代会議02.jpg伊佐市の菱刈環境改善センターで開催した会場には総代11人が出席。理事会からの2019年度の事業状況や組合員の取り組みなどのまとめ、また2020年度に向けた考え方や方向などが報告されました。それを受けて総代のみなさんが意見や質問を出し合い、交流・話し合いました。
200212伊佐総代会議03.jpg総代のみなさんからは、事業の状況に対しての厳しい意見や、全県の状況と比較して「伊佐ではまだまだ組合員をお誘いできる余地がありそう」など地域での自分たちの課題も出され、またSDGsに関連して地域の小売店で賞味期限が切れたお惣菜が捨てられていた話題などから「食品ロスについては、私たち消費者だけでなく、地域のみんなも考えなくちゃいけないね」などの問題についても意見が出され、生協のことだけでなく、自分たちの暮らす地域の話題までさまざまな意見質問が寄せられました。

「地域別総代会議」は全県21会場で開催し、総代のみなさんから寄せられた意見や質問などを受けて、5月に予定している第3回の地域別総代会議に議案をまとめ、6月の通常総代会で2020年度の予算や活動計画などを決定していきます。


 

「新着情報」に戻る