新着情報

鹿屋の家計グループでドイツの家庭料理を作って、美味しく食べました

181210かのや家計ドイツ料理01.JPG鹿屋家計グループでは、12月10日(月)にコープかのや店の組合員室で「ドイツの家庭料理教室」を開催しました。

181210かのや家計ドイツ料理02.JPG講師のアンネッテさんからメニューは「ポテトサラダ」と「ミルク粥(かゆ)」と聞いてメンバーは「?」となりましたが、笑顔で「10人までは大丈夫ですよ。楽しみにしてて」と言われ、グループメンバーを中心にお友だちに声かけして8人で開催しました。

181210かのや家計ドイツ料理03.JPG今回は、ポテトサラダが主食で、ミルク粥はデザート。この発想が(事前には)なかなか理解できなかったのですが、食べて、みんな笑顔・笑顔でした。とにかく美味しくて。どちらも定番の家庭料理で、たくさん作りよく食べるそうです。

181210かのや家計ドイツ料理04.JPGまたテーブルセッティングをグループメンバーの竹之内さんが準備してくださり、少し早いクリスマス気分もあり、作る時も、食べる時も楽しい時間でした。

参加者からは「シンプルな材料で、心がほっこりする美味しい料理ができて嬉しくなりました」「ご飯に甘いものをのせる…ミルク粥にリンゴジャム・ミルク粥にシナモンシュガー+溶かしバター…とても美味しかった。ポテトサラダも軽量なしで本当に家庭料理」「ドイツと日本の食の違いに驚きました。ご飯に甘いものをかける。ポテトサラダはつぶさない???だらけでも美味しかった」「ポテトサラダは味が濃くなくて、じゃが芋が主食だと思いました。ミルク粥も美味しかった」などの感想が寄せられました。

 

「新着情報」に戻る