新着情報

秋晴れの青空の下で産直伊佐米をみんなで刈り取りました

181027伊佐稲刈り01.JPG10月27日(土)に伊佐市大口山野地区で「産直伊佐ひのひかり・稲刈り交流会」を開催しました。
181027伊佐稲刈り02.JPG前日の雨の影響が心配されましたが、組合員親子41人と、生産者・コープ職員などあわせて90人が交流田に入り、鎌を使った稲刈り・乗用型のコンバインでの稲刈りと脱穀を体験しました。
181027伊佐稲刈り03.JPG伊佐の稲刈りとしては数年ぶりに天候の影響もなく、一面すべてを参加者で収穫。
181027伊佐稲刈り04.JPGその後は生産者のご家族の方やエリアのサポーターのみなさんが、朝早くから準備してくださった昼食で交流をし、またお米に関するクイズ大会などで楽しみながら、お米についての学習もできました。
181027伊佐稲刈り05.JPG生産者の稲作部会の内村会長からは「今年は台風は多かったが、虫は少なくいい出来になるのではないかと期待しています」とお話がありました。
181027伊佐稲刈り06.JPG参加者からは「約30年ぶりの稲刈りで、子どものころに手伝っていたのを思い出しました」「いつもおいしいお米を作ってくださってありがとうございます。私はお米が大好きなので、稲刈りができてよかったです」「久しぶりに美味しいお米が食べられて美味しかったです。(田植え交流会で植えた稲が)きれいに育っていてびっくりしました」「育った稲に直接触れ、いろんな体験をさせてもらえました」などの感想が寄せられました。


刈り取った玄米も含めて、伊佐山野地区の産直米は「産直伊佐ひのひかり」「産直伊佐胚芽付とがんまい」「産直伊佐ひのひかり玄米」としてお店やカタログでご案内します。

「新着情報」に戻る