新着情報

新しい総代さんがコープを知る場として県内16会場で開催しました

2018年度の総代のみなさんに対してのオリエンテーションが、県内16会場が開催され、今年新たに総代になった方や、何度か総代を経験された方など132人が参加され、総代の役割などについて学習をしました。
1-0041.jpgオリエンテーションは、主には今期初めて総代になられた方を対象にとして、これからの総代の活動を実りあるものとしていただくために「生協の始まり、生協コープかごしまのなりたち」「総代の役割」「総代会報告」など、基本的なことについて学習していただきました。また「生協コープかごしまの平和活動のあゆみ」「エシカル消費について」のDVDも視聴していただきました。また、継続して総代を引き受けていただいた方でも、もう一度学びたいとおっしゃる方も参加されました。
ママ03.jpgのサムネイル画像初めて参加された総代の方からは
「いつもお店も共同購入も利用していますが、生協の成り立ちなど、初めて聞きました。小さなグループから始まり、今までの積み重ねがあって今あると思ったらこれからもっと大事に利用していきたいと思いました」
「初めて総代になり参加しました。生協はいろいろな取り組みをしているので、その活動を広めていきたいと思います。勉強になりました」
また、ベテランの総代さんからは
「新しく総代になられた方は何をしたらいいのか戸惑われているかもしれませんが、あまり難しく考えず、お茶のみ会の中で他の皆さんへ生協のことを伝えられて、生協との架け橋のようになって頂ければいいと思いますよ」というあたたかいアドバイス・エールが送られていました。

総代:生協コープかごしまの直接に年度の取り組みの考え方や、事業の計画など運営に関わる組合員。任期は1年で、年3回の地域別総代会議で事業状況を確認しながら、時議の年度の取り組みなどについて話し合いを重ね、年度初めの総代会で採決をします。

「新着情報」に戻る