新着情報

「くらしの助け合いの会」では、県内各地域で「会員のつどい」を開催しました。

生協コープかごしまの「くらしの助け合いの会」では、県内各地域で「会員のつどい」を開催しました。生協コープかごしまでは全県で組合員どうしの助け合い活動を広げています。ご高齢や子育てなど、いろいろなことで困っている組合員を、地域の組合員が支えあう、そんな会です。

南薩「まごころ」

5月22日(火) 加世田センター2階組合員室に14人の会員が集まりました。
2017年度活動報告、2018年度活動計画を話し合いました。
その後「活動体験の交流」「助け合いの会体験ゲーム」などを行い、会員同士の学習と交流を深めました。また・幹事・コーディネーターの紹介もありました。

日置「きずな」

5月30日(水) 伊集院店2階組合員室で20人が参加し開催しました。
鹿児島医療生協の地域担当理事の田中さんを講師に、「脳いきいき班会」の内容の学習と健康チェックを行いました。

鹿児島くらしの助け合いの会

5月31日(木) 鹿児島市勤労者センター7階に会員37人が参加して「つどいカフェ」を開催。
助け合いゲームや活動報告の交流なども交えて、美味しいケーキとコーヒーで「ちょっと一息」の会としました。

鹿屋「ほゝえみ」

6月4日(月)にコープかのや店で36人が参加しての会を開催しました。
助け合い活動の中での出来事の報告と交流。そして「共感のコミュニケーション」の学習を行いました。

生協コープかごしまでは「ほんのちょっとの手助けが必要」な会員と、「ちょっとだけお手伝いできる」会員との組合員同士の助け合い活動を進めています。くわしくはコチラから。

「新着情報」に戻る