新着情報

コープ紫原店が地域の組合員の期待を受けて、改装オープンしました。

180525-201-001.JPG

コープ紫原店は5月25日(金)に改装を終え再開店しました。再開店の当日は約2,600人の組合員のみなさんが来店し、お店の再開店を祝いながらお買い物を楽しまれました。

180525-201-002.JPG

改装には地域の組合員が「ハッピーパープルの会」を作り、店長や事務局職員といっしょにこれまで寄せられている利用者・組合員の声をもとに改善点や意見を出し合い、改装を進めてきました。また閉店期間中の17日には、お店周辺を一軒ずつmン訪問んし、再開店をお知らせしながら、地域のみなさのご意見を伺ってきました

180525-201-003.JPG

特に小さな子ども連れや年配の方からの「商品を見やすくしてほしい」「ばら売りなどを増やしてほしい」「お惣菜コーナーをもっと広げて」「店内が寒くかんじる」などの意見に対して、冷蔵ケースの入れ替えや、冷凍食品の棚を縦に見やすくするなどしています。また店内での商品の特徴などをお伝えするための視聴覚機器の導入などもすすめました。

180525-201-004.JPG

開店では近所のカトリック・カリタス幼稚園の園児さんたちによる合唱がセレモニーを盛り上げ、ハッピーパープルの会代表や会長理事、理事長そして店長らでテープカットし開店しました。当日に来店された福島さんは「店内が明るくきれいになって歩きやすくなったね」と感想を寄せてくださいました。

 

コープ紫原店は生協コープかごしま(当時・鹿児島市民生協)の第1号店として開店し、生協のお店をリードし、またお店の施設を使っていろいろな組合員の取り組みをすすめてきました。現在も2階の組合員室を使って子育てママとちびっこの「子育てひろば」や、地域の高齢者を中心にした「おしゃべりひろば」をはじめ、読み聞かせの「てんとうむし文庫」なども継続して開催し、さらにさまざまなサークル活動も行っています。

コープ紫原店の場所はコチラで。

 

「新着情報」に戻る