新着情報

地元の魚を使ったバーガーで試食会~コープかせだ店

コープかせだ店では、10月26日に南さつま市の防災センターで「BIGしいらバーガー試食会」を開催し、事前に予約をしていた市の職員が、お昼になると会場で試食をしました。
171026南さつまシイラバーガー02.jpg生協コープかごしまと南さつま市は「包括的業務停協力協定」を結んでおり、地域の産品を使った商品開発へも参加をしています。
今回は、地元で水揚げされながら需要の少ない「しいら」を使い、南さつま市が栽培をすすめている長命草(ボタンボウフウ)を生地に練り込んだバンズにしいらフライをサンドしました。
171026南さつまシイラバーガー04.jpgバーガーにはさむベビーリーフやトマトソース、タルタル(ラッキョ入りなど)、長命草は地元産のものを使い、来場者がセルフではさんで試食をしました。
南さつま市の担当さんによると、まずは、シイラを知ってもらうための取組みで「シイラは釣っても、鮮度の落ちが早いからあんまりこちらでは食べたことないから、加工をしたもので、お知らせをしたかった」と話しておられました。

コープかせだ店では、11月10日(金)から12日(日)の誕生祭で「しいらバーガー」を案内する予定です(数量限定です)。
 

「新着情報」に戻る