新着情報

6月に植えた稲を、みんなで刈り取り・掛け干ししました~親子スクール・お米つくり体験講座

171021aira-inekari02.JPG田植えから収穫まで、連続してお米つくりを体験し、主食であるお米について考え、食べることを学ぶ「親子スクール・お米つくり教室」では、10月21日(土)に姶良市の新名さんの田んぼで「稲刈り体験」教室を開催し、16家族52人が参加しました。
6月24日に田植えをし、その後草取りや稲の花の観察会・かかし作りなどスクールの田んぼには、しっかりと稲が実っています。
171021aira-inekari01.JPG教室では最初に、姶良米研究会の今村さんから収穫方法の説明がありました。事前に生産者の皆さんが田んぼの半分ほどを刈り取ってくださっていましたが、参加者は田んぼに入り、一斉に鎌で稲を刈り取り、生産者の皆さんが竹で組んだ「ウマ」にかけて「掛け干し」をします。
約1時間半で一枚の田んぼの刈り取りを終えて記念撮影。
171021aira-inekari03.JPG昼食は、生産者のご家族と地域の組合員サポーターさんたちが作ったおにぎりと豚汁。生産者手作りのお漬物も出されて、参加親子はお代りをしながらの食事時間となりました。
その後、バケツ苗の品評会や、生産者のみなさんが組合員親子とグループに分かれて車座になって、お米つくりの説明や質問を出し合うなどの交流を深めました。
「親子スクール」では、11月に収穫祭として、掛け干しした稲からお米をとる「脱穀」や「精米」について学ぶ「収穫祭」で終了となります。

「新着情報」に戻る