新着情報

「これを機会に家族や孫にも作って食べさせたい」男性のための料理教室を開催しました。

170927男の料理教室01.JPG

くらしの助け合いの会では、9月27日(水)に「らくらく・男性の料理教室」を開催し、午前中に5品を作り、参加者全員でいっしょにお昼としていただきました。

170927男の料理教室02.JPG

教室では、最初に今日の講師で助け合いの会の田中さんから、調理の手順や気を付ける事など説明を受けて調理を開始しました。
参加者と、助け合いの会幹事が4人ずつの3つのグループに分かれて、お米砥ぎから始め、いっしょに調理。
まず芋とマシュマロを使った「抹茶入りの二層の芋ようかん」は作って冷凍庫で冷やします。「ラタトゥーユ」(南フランスの料理)や「豆乳入り味噌スープ」に使う、かぼちゃや玉ねぎなどの野菜を切ります。ポイントはメニューごとに野菜の大きさを揃えること。

170927男の料理教室03.JPG

調理では計量カップやスプーンなど使わないで「塩をひとつまみ」や味見をして味の調整をするなど、堅苦しくなく、気軽に料理を楽しめるように工夫していました。
梅と醤油で下味をつけた鶏のささみを巻いた「春巻き」、彩りも鮮やかな長いもとオクラの「すり流し」もつくりました。

170927男の料理教室04.jpg

出来上がり、味噌スープの塩分濃度を測定、各グループ薄味にできていました。
参加者の山下さんの「いただきます」で試食。自己紹介と感想を出し合いました。
今回の参加者は奥さんに勧められて参加された方や奥さんとご一緒に参加の方などで、「これを機会に家族や孫にも作って食べさせたい」との感想(決意)も寄せられ「次回の開催を待っています」との声もいただきました。

「新着情報」に戻る