新着情報

地域の方々といっしょに指宿センター職員が見守り活動の模擬訓練を実施しました。

170513指宿見守り訓練01.JPG5月13日(土)に生協コープかごしま指宿センターでは、指宿市中小路地区の住民と地域老人クラブや福祉介護施設と一緒に徘徊者への対応の模擬訓練を実施しました。
170513指宿見守り訓練02.JPG心配された雨も上がり、会場の指宿市グリーンパーク中小路には、地域の方々39人や市役所・地域包括センターのほか福祉介護施設のみなさんとコープの職員ら約80人が集まりました。
訓練では、公園内に、グループホームの職員さんが扮する徘徊者役とアドバイザーが組みになり、コープ職員を中心とする訓練グループが徘徊者に遭遇(見つける)し、声のかけて、あらかじめ準備した公園内のゴール地点へ誘導します。
170513指宿見守り訓練03.JPG全部で3組・3パターンを準備し、各パターンが終了時ごとに各グループのアドバイザーからご指摘やご指導をいただきました。
参加した職員からは「近所の方々に協力してもらったり、地域と連携することが大切だと実感できました」「そのような場に遭遇したら、今回の訓練で教わった声のかけ方などを実践していきたい」などの感想が寄せられました。

生協コープかごしまでは、配達時や店舗などで高齢者や子ども、また障がいを持つ、支援を必要とする皆さんを支える取り組みを行い、指宿市では2016年9月に「高齢者見守りサポーター事業所」として登録されています。その他の地域でも取り組んでいます。詳しくはコチラ
 

「新着情報」に戻る