コープの商品

産地直結の運動

生協の「産直」は「産地直結」

生協の「産直」は、単なる「産地直送」や「産地直売」ではなく、生産者と消費者の顔が見える「産地直結」の活動です。農協や漁協など生産者組織と生協が直接手を結び「安全」で「新鮮」な商品づくりを追求しています。そのことは、日本の農林水産業を守る活動でもあります。生産者との心のふれあいを大切に、お互いに意見を出しあい、相互の理解を深めています。

産直品の信頼性は、生産者と組合員(消費者)がお互いに内容を確認しあう「産直認証二者制度」で確認しています。

産直三原則

生協コープかごしまの産直運動は、「産直三原則」に基づく生産者と消費者の協同の取組みとして、ともに育ててきました。

  1. 生産地と生産者が明確であること
  2. 栽培・肥育・肥培方法(農薬、肥料、飼料など)が明確であること
  3. 組合員と生産者が交流できること

生協産直基準

「生協産直基準」は生協産直の基本的な要件を示したものです。また、社会的意義や目的を実現する為に産直活動の大きな基軸となるものです。

生協産直は上記「産直三原則」を基本にしながら以下の要件を追求します。

5つの要件
  1. 組合員の要求・要望を基本に、多面的な組合員参加を推進する
  2. 生産地、生産者、生産・流通方法を明確にする
  3. 記録・点検・検査による検証システムを確立する
  4. 自立・対等を基礎とした生産者とのパートナーシップを確立する
  5. 持続可能な生産と環境に配慮した事業を推進する

「コープの商品」に戻る