コープの商品

コープ商品を通した社会貢献

コープ商品の利用を通して社会に貢献します

コープでは日本生協連とともに、コープ商品を通した社会貢献に取り組んでいます。

対象のコープ商品を利用することでささえる「コープのエシカル消費」の取り組みもそのひとつです。またそれらの取り組みは「持続可能な開発目標(SDGs)」のそれぞれの目標に対しての行動でもあります。

アフリカでの学校作りを支援しています

smileschool.png

 

 

コープのトイレットペーパーを1パック購入すると1円をユニセフに寄付します。その寄付金は、アフリカのアンゴラ共和国の学校作りに役立てられます。

子どもたちに学校給食を

redcup.png

 

 

発展途上国の子どもたちに学校給食を提供する国連WFP(世界食糧計画)レッドカップキャンペーンに参加しています。

熱帯雨林を守る取り組み

coopclean.png

 

 

 

赤道直下に位置するボルネオ島。コープの洗剤1つ購入につき1円を、ボルネオ島の熱帯雨林を守る活動に寄付しています。

フェアトレードの商品

fairtrade.png

 

 

 

発展途上国の原料や製品を「適正な価格」で購入し、生産者を支援する活動が「フェアトレード」です。

コープのうなぎ蒲焼き

150529unagi-kikin.png

 

 

 

うなぎの資源保護と増殖への取り組みをすすめる「鹿児島県ウナギ資源増殖対策協議会」への協力支援を行っています(5月~8月)

 

コープのSDGs

SDGsロゴ-日本語.png2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について、生協コープかごしまも加入する日本生協連も、7つの取り組みを通じて、その実現に貢献する行動宣言を決めています。

私たち生協コープかごしまが、創立以来進めている取り組みは、このSDGsの目標にあてはめることができる、私たちが将来に向けての責任をもつことにつながっています。

日本生協連の行動宣言はコチラからご覧ください。

SDGs=2015年9月、国連サミット「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。これは2016年から2030年までの国際社会共通の目標を掲げています。この目標が17分野の目標・169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals=SDGs)です。

 

 

 

 

「コープの商品」に戻る