生協コープかごしまについて

次世代育成・女性活躍推進法の行動計画

生協コープかごしま行動計画

くるみん認定マーク.jpg生協コープかごしまでは次世代育成支援対策推進法に基づき、生協コープかごしまのすべての職員が仕事と生活、子育てを両立させることができ、一人ひとりの職員が能力を十分に発揮できるように働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
その成果が認められ、2012年に認定マーク「くるみん」を取得しています。
2019年4月からは、第5期の次世代育成支援対策推進法に基づいた行動計画と女性活躍推進法の施行に基づいた行動計画を以下の内容で取り組みます。
これからも、性別・年齢・雇用区分に関係なく、一人ひとりがイキイキと働き、知恵を出し合い、声を出し合い、行動、実践していく組織を目指します。

計画期間

2019年4月1日から2024年3月31日までの5年間計画

目標と取組内容・実施時期

目標1:計画期間内に1人当たりの所定外労働時間を2018年度実績の1.5%以上削減する。

<取組内容>

2019年度4月~ 

  • 1.所定外労働の現状把握
  • 2.適切な時間管理会議での残業時間などの分析、削減と検証
  • 3.部内報などで取り組み事例の案内、発信
  • 4.考課者訓練での、人事評価における長時間労働の是正や生産性向上に関する評価の重視。部下による上司評価の中に長時間労働是正の項目を明記
  • 5.会議や資料作成など、長時間労働の原因になっている業務を洗い出し、働き方改善の取り組みを推進

目標2:計画期間において、男性労働者のうち育児休業等を取得した者の割合を13%以上にする。

<取組内容>

2019年度4月~ 

  • 1.育児休業に関する規定や制度の周知をはかる
  • 2.新任管理者研修で、制度について理解を深める

目標3:管理職(店舗は副店長、無店舗はリーダー・副センター長含む)に占める女性比率を3%以上にする。

<取組内容>

2019年度4月~ 

  • 1.職員に対する研修ニーズの把握のため、アンケート、ヒアリングなどを実施
  • 2.アンケート等の結果を踏まえ、研修プログラムの決定
  • 3.管理職育成キャリア研修プログラムの検討、実施
  • 4.現管理職を対象とした研修を実施
     

 

  

 

「生協コープかごしまについて」に戻る